逆上がり

こんにちは。梅島ふくろう接骨院の福島茂宣です

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございます

 

風が強いですが、いいお天気ですね

今日は気温も上がるようです

 

さて、タイトルに逆上がりと書きました

というのも昨日、何十年ぶりかで逆上がりをしてみたんです

公園で子供と遊んでいるときに、急に『パパ、逆上がり出来る?』という一言が発せられました

『出来ると思うよ』と言いつつ、何十年もやっていないので内心ドキドキです

でも、子供が横で見ているので失敗したくない!

バシッと決めて、ちょっとだけ自慢したい気持ちもあります

 

昔の感覚だけでは失敗するので、身体の動かし方を思い出してやってみたところ・・・

あっさりと回ることが出来ました

良かった、良かった!

 

今回は逆上がりのポイントをしっかり思い出せたのと、それをしっかり実践できたことが成功の鍵でした

後で逆上がりのコツを調べてみたら、私がやっていたこととほぼ同じことが言われていました

今は逆上がりと検索すると、すぐに動画が出てきます

いわゆる、体操教室で習うポイントがすぐに確認出来るんですね

便利な時代になりました

 

たかが逆上がりですが、出来ない子は出来ません

逆に運動神経がいいと言われる子は、教わらなくても出来てしまうかもしれません

というより、理屈で考えなくても身体が自然と動いてしまうんでしょうね

ただ、理屈抜きでは必ずどこかで壁に当たります

運動学という科目があるように、運動には理屈が存在していて他のスポーツでもフォームとか身体の使い方を習います

だから子供が逆上がりが出来ないのは、身体の使い方をきちんと理解して体現できていないだけなんでしょうね

いかにポイントを理解できるように伝えられるかが大切ですね

 

というわけで、次回の公園遊びでは子供が逆上がりが出来るようにうまくコーチしたいと思います

 

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

検索