交通事故の対処法

こんにちは。梅島ふくろう接骨院の福島茂宣です。

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございます。

 

春の交通安全運動が終わりました。皆様は無事にこの期間を過ごせましたでしょうか?

 

さて、突然ですが皆さんは交通事故に遭ってしっまた場合、まず何をしたらよいかご存知ですか?
 

負傷者の救助
自分が動けないほどの重症でなければ、まずはケガを負った人の救助をしましょう。

安全の確保・相手の確認
 事故車両は道路の路肩などに移動させ、交通の妨げにならないようにします。
その後は事故を起こした 相手の氏名、住所と連絡先、相手の自動車登録ナンバー、任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名などの確認が必要です

警察に連絡
道路交通法では警察に連絡することが義務になっています。
必ず110番通報して警察に現場確認をしてもらいましょう。
 後に損害賠償に保険を使う場合、事故証明書が必要となり、この事故証明書がなければ、基本的に保険金が支払われませんので必ず発行してもらいましょう。

加入している保険会社に連絡をする
自分が加害者であっても被害者であっても、加入している保険会社には必ず連絡をしましょう。

医療機関で受診
症状は軽度でも、すぐに整形外科や接骨院(整骨院)に行って診察を受けましょう。

 2週間以内に受診しないと交通事故との因果関係を証明できなくなる可能性もあります。

 

これらのことを、参考にしてみてください。

 

梅島ふくろう接骨院では、自賠責保険を使用しての交通事故治療を行っております。

むちうち等に効果の高い治療機器も備えております。また丁寧な手技治療を心掛けています。

もしもの交通事故の際は、当院にまずご相談下さい。

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

検索