ぎっくり腰

こんにちは。梅島ふくろう接骨院の福島茂宣です。

 

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。皆様、寒さ対策は万全でしょうか?

 

寒さで筋肉の緊張が強くなるこの時期は、急な腰痛に注意が必要です。

 

当院でも、ぎっくり腰の患者様が増えています。ぎっくり腰は不自然な姿勢をとったり、何らかの動作をしたときにギクッと痛む腰痛のことで、正式には急性腰痛症といいます。重いものを持ち上げたり、靴下を履くためにかがんだ、くしゃみをしたといった何気ない日常動作が原因で起こることも多いです。

 

症状は腰部にギクッと激痛が走ります。欧米では『魔女の一撃』とも呼ばれ、しばらくはそのまま動けなくなるほどの痛みで、発症してから2、3日は仕事も家事も手に付かない状態になります。

 

疲労の蓄積、長年の生活習慣や姿勢、筋肉のこわばりなどが原因になって発症しやすいため、予防するためにも、日頃の生活習慣の見直しはとても重要です。日常の動作に気を付けたり、ストレッチをしたり、体を温めることも大切ですね。

 

梅島ふくろう接骨院では、ぎっくり腰の治療も行っています。当院では痛みを根本的に治療することを目的に、柔道整復師の手技と最新の治療機器を使って、患者様の状態に合わせて適切な施術を提供します。

 

ぎっくり腰の治療をお考えの際は、梅島ふくろう接骨院にお気軽にご相談ください。

 

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

検索